株式会社安田技術サービスの「センター穴研削盤 YCG-1215」です

製品情報
Product

トップページ » 製品情報 » センター穴研削盤 YCG-1215

CENTER HOLE GRINDER YCG-1215

センター穴研削盤 YCG-1215

特徴

YCG-1215

お手持ちの円筒研削盤で「もっと高精度研削をしたい・・・・」と思われる事はありませんか?

より高度な機能を備え、より耐久性のある優れた品質をしかも低廉な価格で・・・・。
こういった要望は機能部品に一段と厳しく高い精度を求め、研削盤では鏡面研削などで既にナノメーター(1,000,000分の1ミリ)領域の加工精度へのチャレンジが常識となりつつあります。
このような時代に、
どうも真円度がいまひとつだ
どうも円筒度にバラツキがでる・・・、

では競争力は期待できません。

「どうも・・・!」を円筒研削盤のせいだけにしていませんか?

真円度、円筒度等の寸法精度や表面粗度の不良原因を機械の精度や砥石のバランスに求めがちですが、思いのほか「センター穴」の精度が原因となっている場合が多いものです。
そこで、「どうも・・・・」と思ったらセンター穴の精度を疑ってみてください。
センター穴の精度不良は、もちろん、「センタリングマシン」や「センター穴研削盤」が原因です。

高精度マシニングセンターの製造技術が生んだ「YCG-1215」

高精度と優れた耐久性で知られるYASDAのマシニングセンターは、世界のトップメーカーから大きな信頼が寄せられています。
そして、そのYASDAの設計理念と製造技術のエッセンスをそっくり生かして開発されたのが、YASDAセンター穴研削盤「YCG-1215」です。
YCG-1215は、両センター穴研削をワークピースを回転させずに高精度に行うことができる精密センター穴研削盤です。
このYCG-1215の誕生は、超高精度円筒研削の可能性をさらに一歩進めました。

  • Point
    1
  • センター穴を超精密なポリゴン形状に研削

センター穴の精度が円筒研削の精度に大きく係わっています。
YCG-1215は、YASDAの高度な技術によって実現した独特の砥石の研削動作が、センター穴を径差2μmの超高精度なポリゴン形状に研削加工します。
3点支持理論に基づくポリゴン形状のセンター穴は、円筒研削盤の主軸台、心押し台のセンターと精密にそしてしっかりと3点で接し、ワークピースを極めて高精度に支持します。
このことにより現在ご使用中の円筒研削盤で一段と高い研削精度を実現することが可能となります。
YCG-1215でセンター穴の研削加工をして、なおワークピースの研削精度に問題があれば、もちろん、それは「円筒研削盤」が原因です。

  • Point
    2
  • ワンタッチで3段階の回転を選択、一歩進んだ機能です。

スピンドルは、外径32㎜のカートリッジタイプになっており、ワークピースの形状やサイズに応じて3種類の砥石が交換できます。また同様に回転数も15,000min-1、25,000min-1、45,000min-1の3段階を選択することができます。回転数の選択は、従来のベルト掛け換え方式によらず、専用のセレクタースイッチによってワンタッチで行うことができます。
スピンドルベアリングへの給油はオイルミスト潤滑方式を採用しており、スピンドル内部への異物の侵入や付着を防止しています。

  • Point
    3
  • スピーディーで正確なワークセッティング

研削するセンター穴をいかに正確にそしてスピーディーにセッティングできるか・・・・・、
それは、センター穴研削盤の生産性と加工性能を問う重要なポイントの一つです。
YCG-1215は、3点支持バイスによって、ワークピースを極めて容易に砥石軸の真下、つまり加工中心に正確に位置決めし、クランプすることができます。
この優れたハンドリング性が、YCG-1215の高精度研削と安定した生産性を支えています。

  • Point
    4
  • シンプルで剛性の高いボディ-と・・・・。

高精度高剛性は、YASDAの代名詞ともいえる伝統の技術・・・・・
YCG-1215にも、もちろんその伝統がしっかり生かされています。
機体構造は、直立する剛性の高い1本のコラムに、研削ベット、ドレッサー、チャッキング装置、テイルストック、操作盤等が機能的に配置されており、どの方向からもアプローチできる優れた作業性を備えています。
また、研削位置は、人間工学をもとにオペレーターが加工状態を最も監視しやすい高さに保たれてており、精密研削を容易にしています。
使いやすい・・・疲れない・・・・ それは使うほどに実感する高精度センター穴研削盤「YCG-1215」のもう一つの顔です。

  • Point
    5
  • 簡単操作のドレッシング

スピンドルヘッドの右側に取り付けられた手動ドレッシング装置は、ダイアモンドが砥石のテーパーに沿って上下運動をすると同時に左右へ揺動運動をするメカニズムを備えており、手動レバーを動かすだけの簡単な操作で正確な砥石のドレッシングができます。

仕様

センター穴研削盤「YCG-1215」仕様

工作物 工作物外径 Φ5? Φ150mm
工作物長さ 50? 1,200mm
工作物最大重量 100㎏
研削能力 センター穴角度 60°
センター径 Φ2? Φ50mm
砥石スピンドル 砥石スピンドル径 Φ32mm
スピンドル回転数(使用砥石径Φ15) 45,000min-1
スピンドル回転数(使用砥石径Φ27) 25,000min-1
スピンドル回転数(使用砥石径Φ51) 15,000min-1
モーター 砥石スピンドル回転用 0.4KW
砥石スピンドルオシレーション用 0.1KW
集塵装置用(特別付属品) 0.4KW
研削ヘッド 上下早送り最大移動量 150mm
上下微動送りハンドル1回転の送り量 1.5mm(1目盛り0.01mm)
ドレシッング装置 ドレッシングダイヤモンドの移動量 40mm
ハンドル1回転の送り量 1.5mm
ハンドル1回転の切り込み量 1mm(1目盛り0.01mm)
使用電源 使用電源 3相 200V 50/60Hz
所要電力 1.5KVA
エアー圧 オイルミスト潤滑装置用エアー圧 0.35? 0.4MPa
重量 機械本体重量 900kg

センター穴研削盤「YCG-1215」標準付属品

名 称 個 数
砥石(Φ15) 1
砥石(Φ27) 1
砥石(Φ51) 1
ドレッサー用ダイヤモンドツール 1
ショ-トセンター 1
ロングセンター 1
調整用工具 1

センター穴研削盤「YCG-1215」特別付属品

名 称
集塵装置(ホース付き)
3爪チャック
照明用ライト

テストカットお引き受けいたします

テストカットをお引き受けいたします。
ご希望の方は以下のボタンをクリックして、メールフォームに必要事項をご入力の上、お申込み下さい。
テストカットを申し込む

PAGE TOP